脳育学校への大切な思いウェブ教室詳しく見る

 

自由な発想を育てる空間。

ピープレでは、楽しい空間を使って、ウェブ教室とホームページ制作室をだけでなく、アロマ教室、料理教室、スイーツ教室、英会話教室、食育ダイエット教室、パン教室、ワイン試飲会、女性起業家セミナー、コミュニケーションセミナー等、さまざまなスクールを開講しています。

普通はパソコン教室ではパソコンしか習えないし、料理教室では料理しか習えないことが多いですよね。
ピープレはウェブ教室に通いながら、週末はアロマや料理を習ったり、足つぼマッサージで身体を癒したり、1つの空間で自分のやりたいことを選んで実現できるアメーバー式スクールなのです。
あなたもこの空間で、自由に楽しく発想豊かになれますよ。

自由な発想を育てる空間。

日本人の特長として、控えめで真面目という特長があります。
それは素晴らしい国民性なのですが、さらに個性を自らが表現することもこれからは必要だと考えます。

ピープレでは、情報や知識をインプットするだけでなく、それらを自らが消化して新しい形へアウトプットしていけるような授業スタイルです。
さまざまな講義、実習そして生徒さんや先生を交えてのディスカッションにより、無理なく楽しく、そして繰り返し訓練します。

アウトプットで新たな課題が出てきたら、その課題を解決するために必要な情報や知識をまたインプットします。これを繰り返すことで自分の今の能力を認識し、さらに上位の能力を伸ばしていくことに繋がります。

考える力、創造する力を育成します。

自分ひとりでは気付かないことも、先生のアドバイスや生徒さん同士の情報交換や雑談からも、自然と「気づき」が生まれます。
「考える力」「創造する力」は、そんなコミュニケーションの中で生まれ、そしてさらに新しいカタチに生まれ変わります。

ピープレは、ワクにとらわれない生徒さん主体の自由な授業です。
他の生徒さんに迷惑をかけないなら、途中で休憩しても昼寝しても雑談しても、なんならカフェにお茶に行ったり、図書館へ調べモノに行ってもかまいません。ピープレのキッチンを使ってランチもありです。
持込みの仕事の打ち合わせなどもOKです。

課題や制作がどれぐらい時間がかかるのかは、生徒さん自身で決めます。
先生が指導するのでなく、生徒さん自身が自発的にやりたいことや質問をなげかけ、それに対してアドバイスすることで、自分で考え、解決し、実行し、実現していくプロセスを育てます。

好き!楽しい!を素直に表現。

好きなことや楽しいこと、やりたいことは、あなたの好きだと思う人に、恥ずかしがらずに声に出して言ってみましょう。きっとあなたを応援してくれます。
そして、いつかその人がいろんな情報や必要な人をつれてきてくれるようになります。逆にその人にも同じように、好きなこと、楽しいことを積極的に聞いてみましょう。このサイクルを繰り返すことで、やりたいことへの道しるべができます。

次は行動です。
あなたが何かモノを買う時を思い出してください。
商品自体が素晴らしいから購入するのはもちろんですが、同じ商品でも販売担当者の対応によって、購入するかどうかの決断がかわりませんか?
その人が丁寧で親切だから、気持ちよく買ってしまったってコト...
そうです。
あなたがやりたいことを実現するための行動は、この原理と同じです。
誰もが嫌々動くより、楽しいこと好きなことは素直に行動できませんか?

好き!楽しい!を素直に表現。

こーちょー自身が一番感じていること。
仕事だけでなく生きていく上で、ひとりではぜったいに成りえないということ。

今お付き合いのあるウェブ関連のクライアントさんとは、お互いに思いやれる気持ちの良い関係で仕事ができています。
クライアントさんはお客様ですが、そのお客様とも対等にお付き合いができているのは本当にありがたいことだと思っています。

「お互いさま」そんな言葉が言い合えるのは、相手を愛して信じきることから生まれます。お互いが責任を押し付けるのでなく、みずからが進んで喜んでもらえる仕事をしようとする、そんな環境をピープレはこれからも目指していきます。
そして、ピープラーたちに気持ちよく遊び、学び、仕事ができる環境を提供していくことをお約束します。

好き!楽しい!を素直に表現。

知識や技術の土台ができ、それを表現できるマインドが育成されたとき、これまで関わってきた人だけでなく、後輩たちにも自分が得たことをできるかぎり伝えていきましょう。

ピープレでは卒業生たちにも、在校生と一緒に同じプレゼンに参加してもらったり、同じのプロジェクトで仕事をしてもらったり、卒業生に授業やセミナーを担当してもらったりしています。

少し上のレベルの人たちの知識や考え方が身近で体験できるだけでなく、みずからが卒業してからも、先輩たちに教えてもらったことを継承していくことで、自然とお互いのレベルが認識でき、次の目標を持ち続けられるよう、ピープレでは常にステージを作れるように心掛けています。